アカネクエスト
きみとスタンプ
 ピンポーン  おでこの汗をぬぐいながら待っていると、しばらくしてガチャリとドアが開いた。 「あらヒメちゃん。いらっしゃい」 「こんにちは!」  わたしはツトムママに大きな声で挨拶をした。ツトムママはチェック模様のエプロンをつけている。お料理してたのかな? 「ツトムー! ヒメちゃんきたよー!」  ツトムママがわたしより大きな声で呼んだら、バタバタと足音が近づいてきて、びっくりした顔のツトムがやってきた。 「なあに?」  わたしは背中に隠していた絵の具セットをジャーンと取り出して言った。 「宿題、手伝って!」  夏休み、あとちょっとしかない。自由研究どうしようかな。  ママにそんなことを相談していたら、朝早くに釣りに出かけたパパとお兄ちゃんが帰ってきたんだ。  パパはとっても嬉しそうに、釣ってきた魚をママに渡していた。お兄ちゃんはなんだか疲れた顔をしていたけど、わたしにすごいものを見せてくれた。  おっきいお魚を真っ黒に塗って、おっきい紙に押したスタンプ。魚拓って言うんだって。  わたし、それを見たらピンときたの。 「それで、シロでギョタク作ろうと思ったの?」 「そう! シロは犬だから、イヌタクね!」  わたし達二人はツトムの家の庭で、イヌタクを作る準備をしている。  シロはツトムの家で飼っている犬だ。少し前までよく一緒に遊んでいたけど、最近はすっかりおとなしくなっちゃって、ほとんど動かない。もうおじいちゃんなんだって。  小さなシロは、今はツトムの膝の上で目をつぶってる。  わたしが持ってきた画用紙を見せたら、ツトムが「ちょっと小さいんじゃない?」と言うので、セロテープを借りて何枚か貼り合わせることにした。  そしたら、いつの間にかお布団みたいに大きくなってしまった。地面に広げたら本当にお布団みたい。……まあ、いっか。  さて、何色で作ろうかな。  黒? かわいくないし、つまんないな。  赤? やめとこ。血みたいだもん。  青? いいかも。だって、わたしとツトムが好きな色だから。 「よ〜し」  わたしはパレットに青い絵の具をたっぷり出して、水を吸ったスポンジでゴシゴシと混ぜた。真っ白だったスポンジはすぐに真っ青になった。 「じゃあつけるよ」 「うん」  ツトムがシロを地面に置いてくれた。  わたしはシロの横にしゃがんで、スポンジでシロの体をぐしゃぐしゃとこすった。シロの白い体が、さっきのスポンジみたいにあっという間に青くなった。  シロは最初はおとなしくしていたけれど、顔をこすったとたん、急にびっくりして飛び起きた。その時に体をブルブル震わせたので、近くにいたわたしとツトムに、青い水がたくさんかかった。 「うわっ」 「キャー!」  シロはキャンキャン吠えながら走り出した。 「こらー!」  わたしはカーッとなって立ち上がり、すぐにシロを捕まえた。でも、またブルブルッとしたせいで水が思いっきり顔にかかった。わたしがびっくりしている間に、シロは逃げた。  普段はヨボヨボなのに、急に元気になっちゃって! 「待てー!」 「シロ、待て!」  ツトムと二人がかりで追い回すけれど、シロはなかなか捕まらない。  そのうちわたしは足を滑らせて、画用紙の上にべしゃっと転んでしまった。鼻を打ったみたい。ちょっと痛い。  起き上がったら、画用紙の上に青い跡がついていた。 「あ! ヒメタクだ!」  ツトムがそう言って笑った。  ムカついたので、近くに来た時に服を引っ張って、転ばせてやった。  ツトムがゴロンと転がったところと、手をついたところが少し青くなった。  わたしはわざと意地悪な言い方をした。 「ツトムタクで〜きた」 「やったなー!」  ツトムは両手をパレットに押し当てて絵の具をつけると、画用紙の上をハイハイして手形だらけにした。 「いっぱいつけてやる!」 「わたしだって!」  わたしも同じように手のひらに絵の具をつけて、ベタベタと画用紙をさわった。  二人して夢中で画用紙を叩いていたら、ふいに、ツトムの手がわたしの手の上に、バシッと音を立てて乗った。  ツトムは慌てて手を引っ込めた。わたしは胸の前でぎゅっと手を握った。 「ごめん、痛かった?」 「だいじょうぶ」 「ほんと?」 「だいじょうぶだよ。あ、シロ!」 「あー!」  いつの間にか画用紙の上に寝転がっていたシロが、ちょうど立ち上がろうとしていた。  ツトムは「イヌタクとれたね〜」と言いながら、シロの体の形をした青い跡を見に行った。  手とほっぺたがじんじんする。  わたしの顔、あんまり見られなくてよかった。きっと、いつもと違う顔をしているから。  二学期になった。  わたしが『絵の具のきれいな落としかた』を先生に提出したら、次の休み時間にツトムがやってきた。 「ねえ、イヌタクは?」  不思議そうな顔をしてる。 「大きくて持ってこれなかったの」  とわたしが言ったら、「そっかぁ」と言って、自分の席に戻っていった。  本当はね、持ってこれないんじゃなくて、持ってくるの、やめたんだ。  だってあれは、ツトムタクだもん。