アカネクエスト
訪問者 2
 脇道わきみちに足をれたのは、ちょうどアレクがふたつ目のサンドイッチを食べ終わった頃だった。大人おとな二人ふたりが並んで手を伸ばせばかべから壁に手が届きそうな、ほそい道である。右方向みぎほうこうゆるやかにカーブしており、さきが見えない。ついさっき通り過ぎた地味じみは、民家みんかの戸だろうか?  やや先行して歩いているジョージはすずしい顔をしている。右手にぶら下げている紙袋には、まだ確かなおもみがありそうだ。 「お、いたいた」  彼がひとごとのようにつぶやいたので、アレクは視線を彼から前に戻した。  左側ひだりがわ壁面へきめんに、ぽっかりいた暗い穴蔵あなぐらのような、店舗てんぽらしきものが見えてきた。とは言ってもは中はがらんとしていて、売り物らしきものは見当たらない。通りにわずかにせり出した日除ひよけテントの色が派手はでなので、なんとなく民家には見えないだけである。  テントのしたに人影があった。  近付くにつれその人物の風貌ふうぼうあきらかになってくると、アレクは思わず生唾なまつばを飲んだ。  椅子いすにどっしりと腰掛こしかけてうとうとしていたのは、スキンヘッドの大男だった。顔にも、頭にも、引っいたような生々なまなましい傷跡きずあとがいくつもある。  アレクはそっとジョージにささやいた。 「あの人が、その……『当て』ですか?」 「いいや? ちょっと仕事をしてもらうだけだよ」  アレクはそれを聞いて内心ないしんホッとしたが、顔には出さなかった。表向おもてむきには「ふうん」と軽くうなずいただけだ。  も無く、スキンヘッドの男にあと数歩すうほというところまで近付いて足を止めると、ジョージがくちひらいた。 「よう、やってるかい」  男の眉間みけんにしわがより、まぶたがゆっくりと開かれる。 「ああ? 見りゃぁわか……」  藪睨やぶにらみの黒いひとみがジョージの笑顔をとらえた途端とたん、表情がこおりついた。アレクは、彼が口の中で「ミスター・ビー」と言ったのを確かに聞いた。  男は慌てて腰を浮かしながらアレクに目をやったが、ほんの一瞬だった。しかめっ面で、ジョージに向かって言う。 「なんの用だ?」 「おいおい寝ぼけてるのか? 俺たちは客だよ。七番ななばんゲートの方に送ってくれ」 (ゲート? みやこを出るのか?)  このまち平野ひらのにほぼ円形状えんけいじょうに広がっていて、一部をのぞいて外壁がいへきかこまれている。出入でいりするためのゲート十二箇所じゅうにかしょあり、真北まきたに位置するものを十二として時計まわりに番号で呼ばれているのだった。  七番ゲートは街の南、やや西にある。北の森に通ずるゲートは一番に当たり、ここはその近くなので、七番ゲートは街の反対側だ。 「……片道かたみちか?」 「往復おうふくだ。かねほうはツケといてくれ」 「っ、ふざけんな! 金がないなら帰れ!」 「そんなこと言うなって。たのむよ、いそぎなんだ。このあいだかわいい紹介してやったじゃないか」 「商売女しょうばいおんなに紹介も何もあるかよ!」  男は、肩を組もうと近付いてくるジョージからるようにして逃げた。ばたばたと足音を鳴らして暗い店内に入り、壁に背をつけてジョージをにらみつける。アレクはそれを見て呆気にとられた。まるで、れられたら一巻いっかんの終わりとでも思っていそうなあわてようだった。 (どうしてそんなにおびえているんだ?)  対するジョージは笑みすら浮かべている。 「でも彼女、よかったろ?」  男はなにか言いたげに口をもごもごさせたが、ついに観念かんねんした表情になって投げやりにさけんだ。 「わかったもういい! さっさと俺の前から消えてくれ!」 「オーケイ、よろしく」  ジョージは振り向いて、アレクに手招てまねきした。二人はって暗い屋根のしたに入っていった。