アカネクエスト
訪問者 3
 アレクはひかえめにあたりを見回みまわした。  通りから向かって正面しょうめん、右側にがあった。そのほか壁面へきめんにはいくつも木の板が打ち付けられ、たなのようになっている。が、ほとんどなにも置かれていない。どれも高い位置にあり、手前てまえ天井てんじょうからひもって安定させているようだ。  視界のはしなにか動いた気がしたのでなんの気なしに振り返ると、棚の上で丸くなっていたまだら模様もようの猫が、ゆっくりとまばたきをしたところだった。  えらくどっしりとして貫禄かんろくがある猫である。アレクは、そこに生き物がいることに今の今まで気が付かなかったことに驚いた。  猫はおもむろに立ち上がると、音もなく棚の上を駆けていって、男のつるりとしたあたま目掛めがけて飛び降りた。着地の瞬間、男の首が前のほうにがくりと折れた。猫は、男が差し出した手のひらになにかをき出すと、地面に降りて、ゆっくりと外に歩いていってしまった。  男は猫のくちから出てきたものをハンカチできながら、慎重に二人に近付いてくる。 「どっちが使うんだ?」 「俺だ」  返事をしたのはジョージだ。アレクは居心地いごこち悪そうに、ジョージと男の顔をわりばんこに見つめている。  男は、うなずく代わりにふっと小さくため息をついて、なにかをハンカチの上に乗せてジョージの方へ差し出した。  それは一見いっけんビー玉のようだった。暗い青色あおいろで、ツルツルしている。しかし完全な球体きゅうたいではなく、てっぺんがほんの少しくぼんでいて、そこを正面として見ると、外周がいしゅう沿っていくつもこまかい穴がいているようだった。  ジョージがくぼみに指を乗せると、ほどなくして球体が内側から赤く輝きだした。それを見たアレクは「おや?」と思って顔をせる。するとそのタイミングを見計みはからったかのように、シューッと音を立てながら球体の全ての穴からけむりき出したので、アレクは驚いて「うわぁ」となさけない声を上げてしまった。 (な、なんだこれ!?)  身構みがまえているアレクの前で、白かった煙はまたたきながら濃い紫色むらさきいろに変わり、天井付近ふきんうずを巻いて集まった。まるで小さな雲だ。この頃には、球体は男の手でハンカチにつつまれている。  しばらく見ていると、紫色の煙は徐々じょじょに下に向かってひらたく伸びていき、カーテンのように目の前に広がった。  ジョージが呆然ぼうぜんとしているアレクのうしろにまわって、飄々ひょうひょうと言った。 「よし行こう。さあ、あれに向かって歩いて」 「え!? 行くって……どういう……?」 「いいからいいから」  ジョージが後ろからトントンとを叩いてきたので、アレクは戸惑とまどいながらも足を前に踏み出した。煙のカーテンは目と鼻のさきだ。彼は覚悟を決めてぎゅっとまぶたを閉じ、大股おおまた歩きでその向こう側に抜けた。  煙がねっとりとはだにまとわりついてくるとか、息ができなくなるとか、想像していた不快感ふかいかんなにもなかった。むしろ清々すがすがしい。肌に、風との光を感じる。ざわざわと葉擦はずれの音すら聞こえてきそうな気がする。いや、たしかに聞こえる。 「あ、あれ?」  まぶたをひらくと、そこは屋外おくがいだった。