アカネクエスト
訪問者 5
「さて、行こうか」  ジョージが立ち上がって歩き出した。足取あしどりには確固かっことした自信が感じられる。  アレクは彼を追いながら、背中に声をかけた。 「魔法使いのいるところに向かってるんですよね?」 「そうだよ。俺とフリードの共通の友人がこの先に住んでるんだ。彼女もフリードのことを気にかけていたから、きっときみちからになってくれるはずだ。  ……このまちにいるなら、ね」  最後の一言ひとことなかひとごとのようにくちの中でささやかれたものだったので、アレクの耳にははいらなかった。  アレクは、会いに行こうとしているのが女性と知って少しドキドキしてきた。魔法使いは怖かったが、あの兄の友人なら優しいひとかもしれないと思えた。  やがて広い空間に出た。  人通ひとどおりはまばらだが、アレクが今日きょう見た中で最も道幅みちはばが広い。これなら大きめの馬車でも余裕を持ってすれ違えるだろう。  二人はしばらく道のはしを歩き、いくつかの大きな建物たてものを右手に見送ってから、あるドアの前で立ち止まった。表札ひょうさつがかかっており、かすれた字でこう書かれている。 『ロウのゴーレム研究所』 (ゴーレムって、魔法で動く人形のことだっけ?)  アレクは故郷こきょうに思いをせた。  いつだったか、知り合いの農家のうかがゴーレムを調達ちょうたつしてきたことがあった。一抱ひとかかえほどもある大きな岩がいくつもかさなってできた、巨大な馬みたいな形をしていた。知人ちじんはそれに農作業のうさぎょうを手伝わせようとしたのだが、ゴーレムは動き出してすぐにあやまって転倒てんとうし、バラバラになってしまった。  大変だったのはそのあとだ。ゴーレムを修理しゅうりする方法なんて誰も知らなかったものだから、はたけのど真ん中に積み上がった岩をどうすることもできなかった。結局、村でたった一人の魔法使いである年老としおいた医者を引っ張ってきて、岩を片付けてもらった。  それをに故郷では、「魔法にかかわるべからず」という暗黙あんもくおきてが生まれたようだった。自分の手に負えないものは持つべきではない、ということである。  ジョージは二度ノックしてからドアノブに手をかけた。が、びくともしない。 「かないな」 「留守ですか?」 「いや、人はいるみたいだ」  ジョージの視線を追うと、横に続く白塗しろぬりの壁の高いところに、いくつか四角い穴が並んでいた。どうやらあかり取りの窓のようだ。じっとガラスの向こうを見ていると、時折ときおり色鮮いろあざやかな光が明滅めいめつしているのがわかる。  アレクがぼうっと見とれている間にジョージはドアの前から退いて、アレクを呼んだ。 「ちょっと呼びかけてみてよ」 「……え? 僕がですか?」 「そう、君が」  言って、ジョージはいたずらっ子がするようにニコッと笑った。 (サプライズでもしたいのかな)  アレクは不思議に思いながらもドアの前に立った。深く息を吸ってから、ドアをたたいて少し大きめに声を出す。 「すみません、誰かいませんか?」  すみませ〜ん、と繰り返し言うと、ドアの向こうから「はーい!」と若い女性の声が聞こえたので、アレクはくちを閉じて腕をろした。  しばらく待っているとガチャリと音がして、こちらに向かってゆっくりとドアが開いた。