異世界サイコロ旅行
番外編《異世界コロコロラジオ》魔術具ってなぁに?
♪チャ~ン チャッチャッチャッチャッ チャラララ~ン……♪     えくすこたん(以下:え):  こんにちはー。またまた始まりました『異世界ころころラジオ』。パーソナリティーのえくすこたんでーす。どうぞよろしくお願いしまーす。 (拍手)パチパチパチ~  さて、今週のゲストは~。   あーちゃん(以下:あ):  ボクです。よろしくお願いします。   え:  どうも~、今回もよろしくね。ところで⋯⋯、振らないねぇ。 あ:  何を? え:  『異世界サイコロ旅行』とかいって某地方番組のパロディかと思いきや、振らないねぇ。 あ:  サイコロね。これからだから⋯⋯。あとパロディ云々は気にしても仕方ないと思うよ。 え:  開き直った? あ:  自己肯定感が高いと言って下さい。 え:  なるほど、気に入った。  ではでは、今日のテーマは『魔術具ASICってなぁに?』だよ~ん。いろいろ出てきたよね、腕に付けたり、カードだったり。持ち運びしない据置タイプっていうのもあったね。   あ:  別に種類は覚えなくても構わないよ。魔術具ASICの基本的な働きが分かれば大丈夫かな。 え:  知ってる? この小説の、えーっと、どっちだったかな。この小説って二人で書いてるらしいんだけど、そのどっちかが魔術具ASICのこと未だによく分かってないらしいよ。 あ:  それはあくまでも噂なんじゃ⋯⋯。 え:  やばくね? あ:  ⋯⋯ど、読者に一番近い立場で書いてるってことで⋯⋯。 🎲 え:  まずは基本的なところ。魔術具ASICって? あ:  魔術を使うための道具だよ。第十二投が参考になるかな。 え:  据置型の魔術具ASICを使ってお湯を出したね。私が第十四投で手に入れたのはカード型魔術具ASIC。 あ:  そう。ヘレナさんが作ってくれた。 え:  あーちゃん達が付けてる腕輪型が一番使い勝手良さそうだね。失くしずらそうだし。 あ:  うん。しかもこれは、他の魔術具ASICより使える魔術の種類が多いんだよ。でも高性能な分、お値段が⋯⋯。   え:  ビンボー人には買えないと。富裕層限定だと。けっ、資本主義に捕らわれた亡霊どもめ。 あ:  だ、誰もそんなことは一言も⋯⋯。 🎲 え:  せっかく魔術具ASICをゲットしたから、使ってみたいな~って思うんだけど。まず、魔術の燃料であるEXCエクスコをどうやって調達すればいいのかな。 あ:  一番簡単なのは、取引所からもらうことだね。 え:  ハッキングして? あ:  現地通貨で普通に買えばいいの! 絶対やっちゃダメだよ? え:  冗談だよ~。他には? あ:  魔術具ASICを持っているだけで、自然に少しずつEXCエクスコが貯まるよ。マイニング機能が付いてるの。 え:  マ? 夢の不労所得だ、と? 働いたら負けだ、と? あ:  いや、普通の人は貯まったとしても一日でペロペロキャンディ1本分くらいだし、そこは真面目に働こ!   え;  くぅぅー、私は好きな絵を描いて暮らしたいー! Fantasficファンタスフィックで投げ錢もらって、好きなことで生きて行くんだー! くらえ、八つ当たりマンドラゴラ・キャンディ!   あ;  うぐっ、うわぁ、まっずぅー(涙目)。一体どうしておねえちゃんがこんなもの持っているの!?   え;  ヘレナさんにホンモノ頂戴って言ったら普通にくれたけど?   あ:  (神経毒があるんじゃなかったっけ……ガクガク)  話を元に戻すけど、あとは相手に送金してもらうってのがあるよ。 え:  ん? なんの話だっけ?   あ:  これじゃ、どっちがゲストで司会だか分かんないよ! EXCエクスコの話! 相手に送金してもらうの! え:  ごめん、ごめん。送金してもらうのね。 あ:  そうだよ。おねえちゃんの前でボクやってみたことあるよね。 え:  えぇっと⋯⋯、ピザ大会であーちゃん達がウェイトレスさんと腕輪で乳繰り合ってた、あれのこと? あ:  もうこの人やだーー!! 🎲 あ:  えっぐ。えっぐ。   え:  あーちゃん、ごめんね。アメちゃんあげるから。   あ:  なにこれすごく美味しい。こんなの食べたことないよ! え:  機嫌直してくれた?   あ:  うん。元気でた! それじゃ、送金の手順を説明すぅね。モゴモゴ。 え:  (ふふ。あーちゃんチョロかわえぇ) あ:  まぅ、お互いの魔術具ASICを登録し合うところからスタート。魔術具ASIC同士を近ぅけて⋯⋯。 え:  キィィンって金属音が鳴るよね! それは知ってる! あ:  ニコッ。登録完了すぇば24時間365日、送金・受取が可能だぉ。モゴモゴ。大事なのはイメージ。  ○○EXCエクスコを△△さんに送金したい~とか。  ○○EXCエクスコを△△さんから送ってほしい~とか。   え:  イメージでするの!? Automated Teller Machineとか使わないの?   あ:  あ、あぁ、ATMね。正式名称で言わぇても⋯⋯。イメージすぅと魔術具ASICから反応が来ぅんだ。モゴモゴ。  本当ニ○○EXCエクスコを送金シテモイイデスカ? とか。  ○○EXCエクスコノ請求ガアリマス、支払ッテモヨロシイデスカ? とか。   え:  そいつは驚いたな~。   あ:  試しにおねえちゃんに送ってみるぉ。モゴモゴ。まずはボクの腕輪と、おねえちゃんのカードを近づけて……。 キィィィン     あ:  登録できたから、あとはイメージして、と。 ⋯⋯。 え:  ホントだ! あーちゃんから1EXCエクスコが着金したよってイメージが頭に直接流れ込んできた! 送金処理めちゃ速い!!!   あ:  こぇが魔術具ASICの基本ね。最初の送金は最小単位で一回送って着金を確認してからだよ。 え:  基本? まだあるの? あ:  普通は所有者登録をした人しか使えないんだけど⋯⋯。つまり、おねえちゃんがボクの魔術具ASICめても使えないってことね。  でもほら、スヴェンに共有魔術具ASICにされちゃったじゃない? 共有になると少しだけ違う部分があるんだ。  ガリッ。 🎲 え:  私たち、女の子同士だけど魂レベルで結ばれちゃったんだよね。   あ:  そ、そういう言い方はっ! でも確かに、共有魔術具ASICはおねえちゃんとボクの魔力紋が1つになって重なり合って絡み合うものだから⋯⋯。あぁぁぁ~、ボボンッ!   え:  で? 普通と何が違うの?   あ:  えっと、魔術具ASIC1つに対して複数人登録できるの。共有魔術具ASICっていうくらいだから、その複数人でEXCエクスコを共有できちゃうわけ。   え:  ふむふむ。   あ:  ボクは今、自分の腕輪型してるけどね。それとは別におねえちゃんのカード型を借りたら、おねえちゃんのEXCエクスコを使えちゃうんだよ。つまり、勝手に魔術使い放題、黙って送金しほうだい。   え:  貴様⋯⋯、許さんぞ⋯⋯!   あ:  (お、おねえちゃんの魔力が⋯⋯! お金への執着がすごい!)だ、だから、そういうことが起きないよう、共有グループの過半数の合意がないと送金できないようになっているんだ!   え:  ゴゴゴゴ⋯⋯。  くだらない嘘つくな⋯⋯。この共有魔術具ASICには私と貴様しか登録されていない。過半数の合意を取りようがないだろう⋯⋯、ゴゴゴゴ⋯⋯。   あ:  その通りです! 魔術具ASIC自体が一人分としてカウントされるから、実のところ所有者が自由に送金できちゃうんです! でもそこは、ボクを信用して! おねえちゃんを絶対に不幸にはしないから! 大食い大会の当選利益の半分、50万EXCエクスコあげるから!   え:  プシュ~⋯⋯。   あ:  (ボク、何しに来たんだっけ……) 🎲   え:  そろそろお別れの時間ですね。あーちゃん、皆さんにうまく説明できましたか?   あ:  は、はい。やりきったつもりではいます。 え:  ちゃんと説明できてないと、片方の書き手も訳分からなくなって、矛盾だらけの⋯⋯。 あ:  言わないで! 大丈夫だよ、きっと理解してもらえたよ。信じてる!   え:  では、質問があるかたは小説のコメント欄にでも書き込んで下さ~い。ミルキーが答えてくれます。 あ:  え? ってことは、分かってない方って⋯⋯。 え:  さよーーーならーーーーっ!!!       ♪チャ~ン チャッチャッチャッチャッ チャラララ~ン……♪