才蔵ちゃんねる
五話
いつも一生懸命作ってくれる、お母さんのお弁当をさ… 馬鹿にし… 地面に捨て… 踏み付ける… 誰しもね、触れちゃいけない領域ってあるものよ。 ブチィィィ… それからあの子は帰ってないわ。 もちろん、お母さんにも会ってない。 どこで何をしてたのかもわからないの… その後、私が出会ったのは… その顔から、もう可愛らしさは消えてしまって… 突き刺さるような視線のね。 一人の狩人だったわ… そうよ。 血に飢えた…ってよく言うでしょ? まさにそのままの…
gift-icon
1