才蔵ちゃんねる
五話
あん時… あの黒龍が来た時… あのアホ王子様は、どんどん自分の兵隊やギルドの連中がよ。 惨殺されて… 死体が山になっても… まだか?まだか? 早くしろよ〜 余を待たせるのか~ 役立たずは、首をはねるぞ〜 これの繰り返しだった。 ははは… 誰もが分かってる。 あんなもん捕まえられるわけがねえ。 それでも… 俺ら隠密は、命令を待ってた。 お前!隊長か? 邪龍を捕まえたらなあ~ 余の側近にして、一生遊んで暮らさせてやるぞ? だから… 早く捕まえろお~ 王子の言葉によ、俺らの隊長は負けた。 俺らより… 自分の幸せを選んだ。 俺はそう思った。 お前が行け。 隊長が指名したのは、その友達だった。 分かりました! 俺達……本当…いい人生じゃなかったから… 隊長くらいは、幸せにしますよ! そう言って死んでったよ。 本当に嬉しそうに笑ってたなあ。 .
gift-icon
1