才蔵ちゃんねる
八話
みんな死んで… ただ一人残った時… 邪龍と殺りあってたのは、もうギルドの二人だけだった。 ああ、こいつらはよく知ってる。 喧嘩ばっかりしてたからな。 俺が勝ったり… あいつらが勝ったり… かなり強い奴らだった。 自分達がギルドと決まった時、あいつら謝りに来たよ。 すまん…ってな… あいつら何も悪くねえのになあ。 同じ境遇なのによ。 俺の運が悪いだけ。 隠密はそれほど、悲しい仕事なんだ。 でもあいつらは、俺達の仕事を一つでも減らすように… 俺らの分の闇まで背負い… 隠密でも嫌がる仕事を、二人でこなしてた。 .
ギフト・投げ銭
0