才蔵ちゃんねる
六話
少女は… 今日あった事を両親に話しました。 狩人でも見た事がないのに、両親が信じるはずもないでしょう? その夜… いつもの一杯飲みに、お父さんは盛り場へ… いつもの店でくだらない話をしていた時です。 娘がよぉ…ヒック… 訳分からん事を言うんだよ… 何だ!…ヒック… あの…あの古龍と…ヒック… 霞龍と遊んだって…ヒック… ありえん!…とか… まあまあ、思春期だから…とか… 後の仲間達も笑って聞き、そんな話は酒の肴で終わったようです。 でもね。 その話を、黙って飲んでいた一人の狩人が… 一部始終聞いていたのです…
ギフト・投げ銭
0