才蔵ちゃんねる
七話
狩人は次の日… 待ち伏せをしていました。 やはり、あの聞いていた話の通り… 少女が現れ、笛を吹く。 その横で消えたり現れたりする、紫色の龍が確かにいました。 こ…こいつか… 姿を見た瞬間… 欲に溢れる狩人は弓矢を放ちました。 居ても立ってもいられなかったんだと思います。 なんせあの龍は、宝物を発見するくらい貴重ですからね。 でも…狩人の間違いは… 少女の事など構わず… いや、龍に気を取られて忘れていたのでしょう。 矢は数発、龍に当たり… そしてそれは、少女にも… .
ギフト・投げ銭
0