才蔵ちゃんねる
十一話
この角綺麗だね… ウオオオン… はは! 触らせてくれるの? 今日は暑いね~ ブォン…ブォン… あは… 風で私飛んじゃうよ… ゆっくりと記憶が甦ります。 龍は少女のお気に入りをくれたのです。 それは龍自身の… 急所でもありました… 少女はやっと全てを思い出しました。 矢は狩人がいきなり撃って来た事… 自分は気絶して、記憶が抜けてしまっていた事… 横たわる大好きな紫色のそばで… 口笛と…草笛を… 何回も何回も吹きました… 少女は遺された尻尾と角で… 大きな笛を造ってもらいました。 これこそ、狩猟笛の発祥だと伝えられています。 森の全部に… 音楽が響き渡るように… .
ギフト・投げ銭
0