才蔵ちゃんねる
四話
ある日ね。 その王様の頂に、知らない一人の男の子がさ。 妹かなあ。 汚い女の子を連れて座ってたの。 おい!そこは僕の場所だ! 座るな! 教官は叫んだらしいよ? 悔しかったし… 何より、またイジメられるのが恐かったしね… ふん… 誰や…お前は… こことるんやったら勝負せいや! そうあいつに言われた時、怖かったんですよ。 本当にイジメられるより怖かったんです… 懐かしそうに微笑みながら、教官は話してくれた。 いつもの熱苦しい雰囲気は… 消えてたよ…
gift-icon
1