才蔵ちゃんねる
七話
そう言い残して… あいつはあの火山に行ったわ。 現場に着いた時には… 何百人もの狩人、兵隊達が龍を囲ってね。 その光景は、まるで砂糖に群がる蟻のようにさ。 みんな紅龍に挑み、その龍のための少し遅い昼ご飯になっていった。 千切っては棄てられる肉片の中で… あいつは強烈な蛇の眼光を、邪龍に向ける… さすがだ。 俺の父ちゃんも死ぬはずだ。 覚えてるか? あの時のガキだ。 あれから二十年も、こんな所に隠れやがってよ… 今回は逃がさねえ… .
gift-icon
0