才蔵ちゃんねる
七話
その上位の者もまた… 紅龍を任されておる、凄腕の狩人達じゃった。 それは四人での話じゃがのう。 そこへ行くと、トニーはたった一人。 大長老が遊びかなんかで、あの龍を任せるはずがない。 その四人は、それがどういう事か、痛いほど分かっておった。 トニーは酒場のお姉ちゃんを呼び… その四人にこの店で最高の酒を持って行かせ… そのまま街を後にした。 あの時、その四人と… わしも一緒に飲ませてもらってのう。 なあ、じいさん。 さっきの野郎、相当強えなあ。 あんた何千年も生きてるからわかるんだろうなあ。 ふぉ…ふぉ… 邪龍… あいつに殺られるんじゃねえか? それはないわい。 じゃあ俺らは? それもないのう。 ハハハ… 相変わらず厳しいじいさんだな… じゃが、紅龍は殺られるわい。 いつか誰かにのう… .
ギフト・投げ銭
0