才蔵ちゃんねる
四話
雷の神を従え… 魔王は猛攻に出た。 血に飢えた真っ赤な口には不釣り合いの、青白い雷を吐き… 白い躯をさらに彩る、雷神の鎧は… 狩人が近づく事すら許さない。 ふと… 全ての攻が止み、魔王は天を仰いだ。 耳を貫く雷鳴共に、天の怒りが地を支配する。 その天雷は地に立つ事も許さず、狩人に降り注ぐ。 一切の生を拒み、降り注ぎ続ける。 7つ…いや…八つはその身に浴びただろう。 狩人は一瞬で虫の息になった。 窮鼠、猫を咬む。 咬み終わった鼠は、必ずその命も終わらせる。 舌を舐め、涎をすすり… 魔王は勝利を確信した。 .
ギフト・投げ銭
0