才蔵ちゃんねる
一話
あの時… 振り返るあの人の顔は、いつもと同じでした… 私はね、何も狩人ばかりが知り合いじゃないわよ? 普通の人間の知り合いもいるわ。 主婦だったり、学生だったり、そこらで遊ぶ子供だって知り合いなのよ。 この話はね。 弱いくせに紅龍に挑んだ、ある馬鹿な狩人の話… そんな風に伝えて下さい… ってさ、頼まれたの。 私はあなたを恨んでいると。 大嫌いだと。 勝てないくせに無理をして… 私を一人残して… そんな馬鹿な狩人の話として伝えてと。 頼まれた話… .
ギフト・投げ銭
0