冒険者ギルド(小説)
第78話【ゾンビ】
「ぁあ、あぁああだあ~」 俺はヒラリと躱してゾンビの首をショートソードで跳ねた。 「だぁああ、ぁあたがぁあ~」 続いて俺はヒラリと避けてゾンビの頭をショートソードでカチ割った。 よし、チョロい。 死人の森に入ってから何度もゾンビと出くわし戦闘に成ったが、こいつらはトロくて弱いぞ。 だから倒しても経験値は低い。 ゾンビを一体倒しても3~5ぐらいにしかならない。 同じゾンビを倒しても経験値が違っているのだ。 強さと経験値の違いが法則的に分かってきていた。 ゾンビは腐敗が進んで鈍間なヤツほどトロくて弱いが経験値も少ない。 逆にフレッシュなゾンビは動きが速い分だけ厄介だが経験値が高い。 そう言うわけだ。 それにしてもこの森は、ゾンビが倒し放題で、食べ放題だわ。 少し歩けば直ぐにゾンビと行き当たる。 正直なところ休み無しだ。 これは体力配分を気を付けなければスタミナ切れでゾンビどもに飲み込まれるかもしれないな。 それだけは注意しなければならないぞ。 それと森の中の状況も、ゾンビが居る以外にも異常な点が幾つか見られる。 森の木々の成長が、異常なほどに凄いのだ。 木の一本一本が太くて大きい。 もう、大木だらけのジャングルだわ。 その太い大木から延びた根っこが地面からむき出しに成っていて足場も悪い。 根っ子の隙間を見れば、人骨やボロボロに成った衣類が沢山落ちている。 無数に沸いたゾンビの遺体を肥料に、この森は異常なまでに成長しているのだろう。 肥料はいくらでも沸くのだ。 植物からしたら栄養満点なのだろう。 俺はポケットから方位磁石を出して方角を確認する。 砦からゲートまで、北に真っ直ぐだ。 だから方位磁石の指すままに進めば良い。 そして2キロか3キロ先に在るゲートにゾディアックさんから貰った紫水晶の破片を投げ込めば、それで任務完了だ。 ゾンビを無限に吐き出す魔法のゲートは爆発して消えるはずである。 いくら険しい森の中でも、2~3キロの距離なら半日で往復できるだろうさ。 念のため異次元宝物庫に食料やらキャンプ道具も居れてある。 万が一には備えてあるのだ。 そして、今回の装備は潤沢である。 いつものショートソードとバトルアックスを背負い、腰のベルトにはダガーが三本刺さっている。 異次元宝物庫の中には、ショートボウと屋が30本、ショートスピアにハチェットが三個入っていた。 それに武器ならあちらこちらに沢山落ちている。 ほとんど錆び付いて朽ちかけているけれどね。 おっと、またゾンビがやって来た。 前方から三体のゾンビがのろのろと歩いて来る。 俺は異次元宝物庫からショートボウを取り出すと矢を放つ。 三体のゾンビを順々に射ぬいて行った。 ゾンビは頭が弱点だ。 脳を破壊されると、簡単に動かなくなる。 首を跳ねても同様だ。 【おめでとうございます。レベル11に成りました!】 おっ、やったね! 俺が三体目のゾンビを射ぬいた直後にレベルアップした。 雑魚で経験値が微量でも、流石に数を倒せばそれなりの経験値に成るってことだね。 塵も積もれば大和撫子ってやつだな! 俺はゾンビの頭から矢を引き抜き回収すると、ステータス画面を開いて新スキルを確認してみる。 【パッシブ・アーチャー。弓系武器の戦闘技術が向上】 【スマッシュアロー。すべての弓矢で、強打力と攻撃飛距離が1.25倍された一撃を放てるように成る。一日に撃てる回数は、本人レベルの5起きに一回追加される】 ほほう、二つとも弓矢スキルじゃんか。 これは今日の冒険を、弓矢で戦えと言っているのかな? こんなんだったら、もっと矢を買ってこえば良かったかな。 どうせ異次元宝物庫にいくらでも収納できるのだから。 でも、異次元宝物庫を使うに当たって自分ルールを一つ決めてある。 それは、人前でアイテムの出し入れをしないだ。 こんな不思議で便利なアイテムを使っていたら、直ぐに噂になって命を狙われかねない。 それに自分の手の内を知らせる必要もないだろう。 想定外の能力は、秘めておくから、万が一の時に役立つのだ。 まあ、今日はしばらくショートボウで戦おう。 弓矢の練習に成るし、矢を百発百中にしておくのも悪くないだろうさ。 おっと、言っているさなかにゾンビが出たぞ。 ピュンピュンっと! うし、楽勝だぜ! そのような浮かれ気分で俺は死人の森をどんどんと進んで行った。 すると再び森の奥から人影が現れる。 しかし、その数は十数体だった。 今回は数が多いぞ。 今までのなかで一番大きなゾンビの群れだった。 ちょっと数が多いかな、どうしよう? いや、接近される前に弓矢で数を削ればいいだろう。 行けるさ! 強気に出た俺は、接近されるまでに五体のゾンビの頭を射ぬいた。 そこでショートボウを置いてショートソードを抜く。 ここからは接近戦だ。 俺はゾンビたちに向かってゆっくりと歩む。 残りは七体だ。 行ける行ける! 俺は順々に近付いて来るゾンビにショートソードを突き立てた。 ゾンビの顔を突き刺し、次のゾンビの顔を切り裂く。 次のゾンビは首を跳ねて、次のゾンビの下顎から脳天を串刺しにした。 そこでショートソードがゾンビの頭から抜けなく成る。 俺は直ぐにショートソードを諦めて、背負っていたバトルアックスを手に取った。 俺は残り三体のゾンビの頭を次々とバトルアックスで粉砕して行った。 気付けば俺は返り血を浴びてドロドロに成っている。 あちゃー……。 くんくん。 「くさ!?」 何これ!? スゲー臭いの返り血だわ!! ゾンビの返り血って腐ってるのね!! かなーーり、臭いぞ!! これは堪らないぞ!! うわー、やっちまったな!! ジャリ……。 「ん?」 気配!? 背後から!? 俺は振り返ると同時にバトルアックスを盾にした。 そこに剣が振り下ろされる。 俺のバトルアックスと敵の刃が激しくぶつかり合い火花を散らした。 俺の隙を狙ってきやがったぞ、こいつ! 俺が闇雲にバトルアックスを振り回すと、そいつは僅かに後退して間合いを作る。 ゾンビ!? いや、違う、グールか!? てか、でかくない!? 身長2メートルは有るよね!? 革鎧を着こんで手にはロングゾードを構えてやがる!! 大型グールですか!? これは、手強いかも!? 【つづく】
gift-icon
5