創造世界
創造世界の英雄達・月詠乃 守凱・
 あの日——電気街での死闘後、月詠乃つくよの 守凱かいはアイナと別れ、自分の仕事に取り掛かっていた。  4月19日 AM5:30 東京駅前  惨劇の夜明け――既に薄暗い無人の東京駅前は、絵に描いたような世紀末の如き光景だった。ビルが燃え尽き倒壊した襲撃の爪痕と、路上に転がる死体の山―—守凱はその惨状の上を歩いても何の感情も抱かず、真っ直ぐ駅前の公衆電話ボックスの中に入る。 「………………」  狭い空間でようやく一息吐く彼にのしかかるのは、疲弊よりも遺憾。先の任務、道化同士が契りを交わすか否かの二つに一つ。結果は悪い方に傾いた。  どちらの道を渡ろうと、機関は後の方針を決めていたとはいえ……。 「くっ……」  守凱には到底受け入れられない。人間を創造世界の下で保護するなど異例中の異例だ。かと言って覆すことも、彼らを野放しにも出来ない。不本意だが、彼は受話器を手に取って事の顛末を報告するしかなかった。  打ち込まれる二百桁に及ぶ番号は、この現実世界を隔てて創造世界へ電話をするに必要なダイヤル。慣れた手つきで打ち終わると、二、三のコーリングで電話が繋がった。 『私だ――』 「長官……月詠乃です」 『おぉ守凱君。二人とも無事だったかね?』 「えぇ……我々は大事ありません」 『そうか。それは何よりだ……』  低い声で大らかに話す男は、守凱の上司。任務よりもまずは隊員――無事に安否が判って肩の力が抜けた様を、守凱は受話器越しに容易に想像できた。 「長官、それよりご報告を――」 『うむ。その様子だと仕損じたな。それと道化に借りも出来てしまったようだ』 「っ……」  しかしその大らかさとは真逆に、守凱の声を聞いただけで長官は事態を全て把握した。その洞察力も、彼やアイナを従えている所以であろう。   「全ての責任は俺にあります。いかなる厳罰もお受けします」 『何を言う。未知なる存在を相手にしていたのだ。何が起きてもおかしくなかったのだから、私が君を罰する理由は何処にもないよ』 「……申し訳ありません」 『だが真城君が創造世界こちらがわに来るのは、何とも因果なものだね。歴史上最大の禁忌を犯した気分だよ』  長官の言葉が皮肉となって守凱に突き刺さる。もはや看過できない事態に陥っているのだ。 『しかし現界げんかいに限ったことではない。やはりそれぞれの異界でも反乱が同時に起きており、隊員達が殆ど出動してるがために本部こちらは私くらいしか守れぬのだ』 「やはり……ダーツ共の反乱は真城が原因とは限らないようですね」  現界とは、われわれ人間が住むこの世界――人間界のことである。そして創造世界には枝分かれしたあらゆる異世界が存在し、それぞれの世界でも現界と同じような反乱が起きているのだ。 『まぁ一因であることは間違いないがね。だから事前に手は打っておいた。連合機関の中でも選りすぐりの英雄を三人――私なりに選出し、キミの部隊の助力になるよう招集を掛けておいたよ』 「またあの作品の二人ですか……」 『定番の、だよ。さらにネット上で注目を浴びていたルーキーを加えて3人だ。彼らとキミとアイナ君、そして真城君次第で計6人とで、現界の「真城創伍の破片者マシロズ・デブリ」の鎮圧を任せる。なんとか彼らをまとめてほしい』 「……わかりました。道化は明日、アイナが連れて来ることになってます。それまでに俺はヤツらの隠れ蓑を探します」 『うむ。頼んだよ』  現界という一つの世界をまるまる任されても、守凱は悠揚迫らぬ態度で受け入れ、早速次の任務へ向かおうとする。 「それでは……失礼します」 『あぁ、そうだ。一つ言っておきたい』  しかし電話を切ろうとした瞬間、長官の一言で手を止められた。 「何でしょう」 『君のことだから大丈夫だろうが、これは全世界を巻き込んだ大事件だ。あの少女は自らを道化と自称しているだけで、彼女が全ての元凶オーギュストと言う確証はない』 「………………」 『君のを殺したのが彼女とは言い切れない以上、くれぐれも私情を持ち込まないようにな』 「――言われるまでもありません」  守凱は電話を切り、そのまま電話ボックスを後にした。  そして彼は、彼だけの任務に戻るのであった。  * * *