ぬこふわ展覧会
Change panic2
……― …― ロザリア『ん…』 琥珀『ロザリア!目が覚めましたか!…良かったです…』 ロザリア『………』 琥珀『?どうしました?どこか痛い所とかありますか?』 ロザリア『……いや……問題ない』 琥珀『?ロ、ロザリア?』 ロザリア?『…ロザリア?私はレスカだが…』 琥珀『…………は?』 ロザリア?『だから、私はレスカだが』 琥珀『…………………………<font size="3" color="#FF0000">ええええ??!!</font>』 ―しばらくお待ち下さい― 夕梨『こんな事、現実にあるのね…』 水樹『漫画とかの世界だけの話だと思ってたよ』 要『しかし…標準語のロザリアと関西弁のレスカ……スゲー違和感あるな…』 レスカ?『なんやねん!もう。よりによってなんでレスカなん?』 ロザリア?『私だって不本意だ。お前の外見なんて嫌がらせ以外の何物でもない』 レスカ?『なんやて!?この神懸かったプリティな魅力が分からんのかいな!!』 ロザリア?『…自分で言っていて虚しくならないか?』 レスカ?『うっさいわ!腐れハゲ!!』 ナタリア『……なんか気持ち悪い』 水樹『…レスカの声で腐れハゲなんて言葉を聞く日が来るとは』 要『…どうする?このままでって訳にはいかないだろ?』 夕梨『また同じ衝撃を与えれば戻るんじゃない?』 水樹『よし!バズーカ用意!』 琥珀『ち、ちょっと待ってください!やるなら外でお願いします!!』 ナタリア『……ねぇ、何が原因なのよ』 ロザリア?『ん?いや…ロザリアにバズーカを撃たれて、それを避けた所までは覚えているが……』 レスカ?『ウチも、バズーカを避けられたとこまでは覚えとる』 夕梨『正面で激突したとか?』 ロザリア?『うむ…だが別にどこかが痛い訳でもないしな……』 レスカ?『ウチも別に…』 ナタリア『…バズーカが直接的な原因じゃないのね』 夕梨『激突した訳でもない…と』 水樹『じゃあなんで?』 全員『『さあ?』』 ナタリア『……とりあえず、魔女たちに診て貰ったら?私たちがあれこれ考えても時間の無駄だわ』 夕梨『投げたわね…』 ナタリア『……これ以上こんな状態が続いたらこっちがおかしくなりそうだわ』 水樹『ナタリア?どこ行くの?!』 ―バタン― 琥珀『……行っちゃいましたね』 夕梨『なんか今日のナタリア、不機嫌だったわね』 要『いつもあんな感じだろ』 水樹『ん~………とにかくさ、エレナ達を呼んでみようよ!』 琥珀『はい!すぐ連絡します!二人とも、喧嘩しちゃダメですよ?』 レスカ?&ロザリア?『はい…』 ―数分後…― エレナ『見事に入れ代わってますね』 シャルロッテ『あらあら…大変ですわ~(笑)』 ライア『シャル…面白がらないの……』 アストラッド『本当に物理的な原因じゃないの?』 ロザリア?『そうならばまだ打つ手はあったんだが…』 レスカ?『何が何やらさっぱりやねん』 アストラッド『…試しに激突してみたら?』 ロザリア?『……いや、お前達が来る前にやってみたのだが…』 レスカ?『…ダメやったんや』 エレナ『そういえば頭にコブが出来てますね』 ライア『…地味に痛そうね…』 シャルロッテ『ぶつかりが甘いのではなくて?もっとこう……ガツーンと!!』 琥珀『あの…楽しんでます?』 シャルロッテ『そんな事ありませんわ!!ふふふ…』 琥珀『……;;;』 アストラッド『ねぇ…ずっと気になってたんだけど』 レスカ?『ん?』 ロザリア?『なんだ』 アストラッド『あんた達の背中に付いてる紙、何?』 レスカ?『あん?紙?』 ロザリア?『…………なんだこれは』 シャルロッテ『まあ、下手くそな工作ですわね…』 ライア『シャル、毒づかないの。これって人形【ひとがた】じゃない』 エレナ『……なんだか気味が悪いですね……』 アストラッド『これ、呪いに使うやつよ。本で見たことがあるわ』 琥珀『の…呪い……』 夕梨『誰が誰を?まあ、レスカとロザリアを狙っている輩なんて、結構いるかもだけど』 アストラッド『そういう呪いとかに詳しい人は?』 琥珀『うーん……居ましたっけ……』 水樹『居たら怖いよ!!私だっていつ狙われるか!アワワ…』 夕梨『とりあえず、その紙取ってみない?戻るかもしれないんでしょ?』 シャルロッテ『ダメですわ!!』 琥珀『え?』 シャルロッテ『そういう呪いの類は術者に後始末させなければなりません。もしむやみに取ってしまえば、もっとややこしくなるかもしれませんわ…』 レスカ?『…え゛』 ロザリア?『まさか…取った奴と入れ代わる…とか』 シャルロッテ『その可能性もありますわ』 琥珀『じゃあ、二人を元に戻すには呪いをした人を探さないといけないんですか!?』 アストラッド『安全に助けるならね』 水樹『そ、そんな~。魔女の力でなんとかならない?』 エレナ『人の念は強いのです。想いの強さいかんでは魔力が負けてしまうんですよ…』 ライア『とにかく、見つけるしかないわ』 ……ガチャ……… 咲夜『魔女勢揃いで…なにしてるのよ』 琥珀『咲夜!!あ、あのこれには訳がありまして…』 水樹『あ、咲夜!!呪いに詳しい人知らない?』 咲夜『呪い…?…………ああ……一人知ってるわ』 琥珀『ほ、本当ですか!?』 夕梨『それは誰?』 咲夜『ナタリア』 水樹『…へ?』 レスカ?『な、なんやて!?』 ロザリア?『………呪われる理由が分からんが。何かしたか?』 レスカ?『ウチが知るか!ハゲ!!』 夕梨『動機が分からないんじゃ特定は出来ないか…』 咲夜『何?どうしたのよ?』 琥珀『あ、実はですね…』 …説明中… 咲夜『ふーん。ナタリアに間違いないんじゃない?』 レスカ?『あん?ウチ何もしてへんで?』 ロザリア?『覚えがないが…』 咲夜『…はあ………;忘れちゃったワケ?この間、あんた達が喧嘩した時、バズーカ乱射したでしょ?』 レスカ?『……あ』 ロザリア?『……確かに…』 咲夜『その時、琥珀がナタリアのドレスを洗濯して、事務所の窓の外に干してたでしょ?』 琥珀『あ……確か、爆風でドレスが飛んで行っちゃって……やっと見つけた時、ズタズタになってて……』 レスカ?&ロザリア?『『…………;』』 咲夜『……ナタリアかなりキレてたわよ』 レスカ?&ロザリア?『『<font size="3" color="#FF0000">ああ゛~ヤバい!!</font>』』 ライア『…術者はわかったみたいね。………原因も』 シャルロッテ『…自業自得じゃないですか……』 アストラッド『ちゃんとナタリアに謝って戻して貰いなさい』 エレナ『ナタリアも誠意を持って謝ればきっと許してくれますよ』 レスカ?&ロザリア?『『……はい………;』』 水樹『…一見落着?』 夕梨『多分ね』 琥珀『ちゃんと謝るんですよ?二人とも!』 レスカ?&ロザリア?『はい…』 おまけ→