WINGS&アイロミームproject(仮)
詩葉① 『生徒会室 編』
生徒会室 編  「━━分かりました。 では、今回は不問とします。 しかし、もしまた校内で不適切な私物の持ち込みが見受けられた際には、生徒会でそれ相応の措置を取らざるを得ません。 良いですね?」    「はい、すいませんしたっ……!」    深々と頭を下げ、逃げるように生徒会から飛び出していった男子生徒を目で追いながら、副会長である稲垣 詩葉(いながき ことは)は、ふぅ、とため息をついた。  彼女が副会長に就任してからというもの、弛かった学内の規則が引き締められ、その影響でおのずと業務が増えている。 しかも、彼女がWINGSに入ると決意してからは、生徒会活動とアイドル活動とを両立させなければならなくなってしまった。 アイドル活動を始めてからもう何ヵ月かは経っているものの、稲垣は「猫の手でも良いから借りたい!」というぐらい多忙な日々を過ごしていた。    「書類整理の前に、歌詞を煮詰めておかないと……」    そんな状態でも、疲れた様子一つ見せずに次の仕事に取りかかる稲垣。 仕事……といっても、これは生徒会の仕事ではなく、WINGSの方の仕事だ。 彼女は、鞄の中から可愛らしいポップな柄のノートを取り出すと、椅子に座ってノートを広げ、何やらペンで色々とノートに書き込みはじめた。 刻一刻と時間が過ぎていく中、彼女は時折ペンでこめかみを押さえながら、真剣な眼差しでノートとにらめっこを続ける。        「━━ご苦労さん。 仕事はもう終わっとる?」    「っ……!!」    一瞬の動きだった。 生徒会室の扉がガチャッと開くその音を聞くと同時に、稲垣はノートをピシャリと閉じ、ペンと共に素早く鞄の中へとねじ込んだ。 そして、あたかもずっと書類に目を通していましたよという風に、涼しい顔で書類を手に取り整理を始めた。  室内へ入ってきたのは、この生徒会の長……聖歌学園高校の生徒会長を務める、早見 聖子(はやみ せいこ)だった。 早見は、額から一筋の汗を垂らしながら熱心に書類整理をしている稲垣を見て、    「あー……もしかして、さっきまで歌詞か何か書いとった? 別に隠さんでもええやんかぁ」    「……やはりお見通しでしたか」    はぁ……とため息をつきながら、適当に掴んだ書類を元の位置に戻す稲垣。 しかしながら、ノートは元の位置に戻さない。 理由は簡単、会長に見られるのが恥ずかしいからである。 そんな彼女の様子を見て、早見はクスクスと愛らしそうに笑っていた。    「最近はどう? アイドル活動の方」    「そうですね……今は、学校祭のステージに向けた練習の真っ只中です。  私がステージに立つ間は、生徒会の会場見回りに参加できません。 ですので、その埋め合わせの為にも、今こうして準備の仕事を……」    「んもぉ、そない気ぃ負わんでええ言うたやんか。 見回りはローテーション制にするゆうて決めたし、別に詩葉ちゃんばっかり頑張らんでもええんよ?」    「ですが……」    反論しようと食い下がる稲垣の唇にそっとひとさし指を宛がって、早見はその先の言葉を止めさせた。    「気にせんでええって。 ……詩葉ちゃんは頑張りすぎや」    それだけ言って、早見は『会長』と書かれた札のある席へ移動し、悠々と書類整理をはじめた。 結果、早見に宥められる形になってしまった稲垣は、ちょっぴり不服そうな表情を浮かべる。 しかし、今さら会長に何を反論しようと無駄だ、と諦め、自分も書類整理にとりかかった。        しばらくの間、黙々と作業をこなしていた二人だったが、ふと、稲垣が思い出したように早見に問いかける。    「あの、会長」    「んー? どないしたん?」    「いえ、その……ずっと気になっていた事があるのですが……」    稲垣にしては珍しく、歯切れの悪い問いかけだった。 それでも、早見はニコニコと微笑みながら稲垣の言葉に耳を傾ける。    「……ご存じの通り、私は論理狩(ロンリー・ガール)という呪いにかかっています。 私の力は、どんな相手でも自らの言葉で打ち崩し、論破する、というものです」    「そうやねぇ」    「……しかし、会長には私の言葉が通用しません。 秋内君もそうですが、何故会長には私の論理狩(ロンリー・ガール)が効かないのでしょうか?」    そう。 稲垣の持つ論理狩(ロンリー・ガール)の力は、相手を言論でねじ伏せるというもの。 たとえどれだけ饒舌多弁な相手だとしても、稲垣の論理を覆すことは出来ない。 つまり、稲垣が"言い負かされる"などという事は有り得ないのである。  しかし、ここにいる早見 聖子や、WINGSの統括をしている秋内 翔登(あきうち しょうと)という人物には、何故か稲垣の力が通用しない。 秋内については、呪いの力に打ち勝つ程の強い信念がこもった言葉をぶつけられたから、自分の言葉が負けてしまったのだと考えている。 しかし、早見はそのパターンにはどうも当てはまる気がしない。 失礼ながら、早見は強い信念でもって稲垣の言葉に反抗しているという感じではないし、むしろ、ヒラリヒラリと言葉の刃をかわすようにして、稲垣の言葉をいなしているのだ。    「会長は、私の呪いを回避する特殊な力を持っていたりするのですか? どうして、私の言葉が通用しないのでしょうか?」    真剣な眼差しで問いただす稲垣。 その真っ直ぐな視線すらもいなすようにして、早見はニヤリと笑うと、    「うん? その口ぶりやと、詩葉ちゃんはウチに何か無理矢理命令して従わせたい、って思てるみたいやねぇ?」    「はぁ!? ち、違います! そういう意図で言ったのではなく……!」    「やーん、詩葉ちゃんに調教されるぅー♪」    「真面目に聞いて下さいっ!!」    早見はいつもこうだった。 いつも気の抜けた様子でおっとりしているし、稲垣がこうして真面目な話を切り出す時にはいつも、冗談を言って茶化すのだ。 どうしてこんな人に私の呪いが通じないんだろう……と、ますます稲垣の疑問は深まるばかりだ。        「せやなぁ……ウチがこんな性格してるんもあるかも分からんけど、詩葉ちゃんの呪いを回避できる大きな理由は二つやね」    と、急に声のトーンを落として真面目な雰囲気を醸し出す早見。 稲垣は少しビックリするが、自分がずっと気になっていた事の答えが分かるとあって、ゴクリと唾を飲み込んで早見の話に耳を傾けた。    「まず一つ目は、単純な理由やねんけど……ウチが詩葉ちゃんの呪いの事を知ってる、ゆう事や」    「はぁ……それがどうして、論理狩(ロンリー・ガール)が効かない理由になるんですか?」    「ほら、論理狩(ロンリー・ガール)ゆうんは、相手を上手いこと説得させる呪いやろ?  ほんなら、ウチが詩葉ちゃんの話を聞いて『なるほどなぁ』思た時は、その呪いが発動しとるゆう事や」    「確かにそうですが…………まさかっ!?」    「そ。 詩葉ちゃんの言葉に納得した時には、敢えてそれと逆の意見を言うようにすればええんよ。 ……早い話、"天の邪鬼作戦"みたいなモンやね」    一瞬、耳を疑った。 "天の邪鬼作戦"なんて簡単に言っているが、実際にそんなことをやるのは至難の業だ。 呪いの影響を受けているとはいえ、自分の信じた意見を否定し、自分の決めた意思に逆らうなんて、普通に考えて不可能だ。    (こんな出鱈目な対処法、会長にしか出来ないわね……)    改めて、早見の凄さを実感させられる稲垣。 抜けているようで、実は凄く頭が切れる。 ……それが、早見 聖子という人間なのだ。      「まぁ、別にいっつもいっつも詩葉ちゃんの呪いに気ぃ張ってる訳と違うよ? 詩葉ちゃんの言葉全部に論理狩(ロンリー・ガール)がかかってる訳やないんやし」    「え? そ、それはどういう……」    「ほら、詩葉ちゃんってお説教モードん時とか、なんか力入れて物言うたりする時、左手、腰に当てて喋る癖あるやろ?」    「…………あっ」    「ウチが気ぃ張るんはそん時だけや。 まぁ、一応これが二つ目の理由やね」    なるほど……と、思わず納得の声を漏らしてしまう稲垣。 自分の論理狩(ロンリー・ガール)が発動する時というのはすなわち、自分が何かしらの形で相手を説得、論破しにかかる時に限られる。 となると、その時の仕草や癖を見抜いていれば、論理狩(ロンリー・ガール)が発動した発言を意図的に見分けられるのだ。  分かってしまえば単純だが、これに気づける会長の観察眼はやはり凄い……。 早見の言っていた対処法とは、呪いに対抗できる特別な力などではなく、早見にしか出来ない、機転を効かせた頭脳プレイだったのである。        「はぁ……やはり会長には敵いませんね」    ため息混じりに、そんなことを呟く稲垣。 しかし、それは早見に呆れているからではない。 ……確かに、早見の言動にはいつも振り回されてばかりいたが、稲垣はそれ以上に彼女に助けられていたし、歴史ある聖歌学園高校の生徒会長として申し分ないカリスマとキャリアを持つ彼女を、単純に尊敬していたのだ。    「別に対したことやないよ~。 これは自分の為でもあるし……詩葉ちゃんの為でもあるんやから」    「私の、為……?」    何やら引っ掛かる言い回しに稲垣がきょとんとしていると、早見はスクッと静かに立ちあがり、ゆっくりと稲垣の方に歩み寄って、両手を彼女の頬に添えた。 まるであやされる赤ん坊のように顔を顎から支えられて困惑する稲垣に、早見は優しく語りかける。      「詩葉ちゃん、生徒会に入ってから毎日一生懸命頑張っとるやろ? それだけでも凄い事やのに、呪いとも向き合って、アイドル活動も頑張ってる。 ほんま、詩葉ちゃんは凄い思うわ」    「会長……」    「……だからこそ、ウチは心配なんよ。 詩葉ちゃんが頑張りすぎて、いつかいっぱいいっぱいになってしまわへんやろか、って。   せやから、ウチが力になってあげよう、ゆうて思とるんよ。 詩葉ちゃんが何でも一人で抱え込もうとせえへんように、ウチがちゃーんと見守ってあげなアカンからね」    そう言って、早見は稲垣に優しく微笑みかけた。 頭が切れるからとか、会長としてのカリスマだとか、そういう事ではない。 ただ単純に、早見は稲垣の事を信頼し、稲垣の事を思って行動していたのだ。 論理狩(ロンリー・ガール)に抗って、稲垣に無理をさせない事。 それこそが、彼女に対する早見なりの優しさだったのだ。  いつものんびりした様子の会長が、そんな風に自分のことを考えてくれていたのだと知って、稲垣は嬉しかった。    「会長がそんな事を考えていたなんて……私、全然知りませんでした」    早見の言葉をゆっくりと噛み締めるように息をつきながら、稲垣は言った。    「でも、もう大丈夫です。 アイドル活動を始めて、"私は一人じゃない"という事を学んで……もう一人で抱え込むのは止めようって、そう決めましたから。    ですので、その……ありがとう、ございます……」    ゴニョゴニョと口ごもるようにしながら、感謝の言葉を述べる稲垣。 それを聞いた早見は、一瞬驚いたような顔をしてから、嬉しそうに頬を緩ませた。  ……が、すぐにいつもの調子でニヤニヤと笑いだし、    「おぉ~、ツンデレな詩葉ちゃんの口からこんな素直な言葉が聞けるなんてなぁ。  ……嬉しなって照れてしもたん?」    「誰がツンデレですかっ! ……というか、別に照れてなどいません。 ……いませんっ!」    「そう? 耳まで真っ赤になっとるけど?  ……あぁんもう、詩葉ちゃんホンマに可愛いわぁ~♪」    「きゃっ!? ちょ、抱きついて頭を撫でないで下さい! ちょっと、本当にやめ……かーいーちょー!!!」    怒りだす稲垣を、依然としてからかいながらヒョイヒョイと逃げ回る早見。 ドタバタと二人の喧騒が響く生徒会室には、今日も平和な時間が流れるのだった。     生徒会編  END