サークルイメージ
妖怪あんかけ
2020年7月25日 22:06
投稿カテゴリ : 記事

360度パノラマで少女描いてみた、その1 (2020/07/30更新)

2020/07/30 訂正: 
「スマートオブジェクトでワープを使えることを利用して、ライブ2Dのようなことをタイムラインでできるのではないか?」と書きましたが

スマートオブジェクトで通常の拡大・縮小・歪みの変形等の一部の変形はタイムラインで反映されますが、「ワープ」は反映されないようです。
以上のことから、時間とともに「ワープで変形する」ことは無理なようです。




どうもピクルスです

今回は前回の3Dパノラマに、アリスを描き込んでみました

◆動画は最下段からダウンロードできます


キャラをパノラマ球で描くと、キャラやエロ絵として成立できるかの実験絵ですが
なかなか、いけるのではないでしょうか?

実はエロも差分も5種類ほど描いたんですが、
エロなしバージョンを撮影するだけで、今回はバタンキューです。
(エロバージョンは、近日中にUP予定です)


◆製作レポートです

◆重い

パノラマ球がとぉにかく糞重いので、それを動画にしてレンダリングするとPhotoshopがフリーズするのです。

無念ですが1万ピクセルでの製作は諦め、2000ピクセルで制作することにしました。
(それでもフリーズします)
新作のお金が入り、PCを新調できたら1万ピクセルでの製作を再チャレンジしたいですね。

最初は5枚の差分が切り替わる動画を、一つのファイルで作ろうとしたんですが、僕のPCでは無理っぽいです。

差分をパージしてパノラマ球は1枚に減らし、30秒程度の動画レンダリングでさえフリーズするので、6秒ごとに5分割してレンダリングして、それでできた動画を更にPhotoshopで繫いで、更にレンダリングすることで、今回のテスト動画はUpにこぎつけました。

なんていうか「密」が駄目なので、俳優をバラバラにスタジオ撮影して、編集でドラマにするようなイメージでしょうか。


◆Photoshopって動画作れたんだ!

以前のパノラマ球動画はフリーソフトを使ってつくたのですが。上記のように重いので、作った動画をさらに、切ったり貼ったりの編集が必須ということがわかってきました。

きちんとした物を作るのでしたら、やはり動画ソフトを買わねばならぬのか‥‥

ピクルスは動画を本職にする気はほぼないので、枝葉の回り道かもしれない部分に金をつぎ込むのは、(う~ん)と寝ながら悩んでいたら、

ふとPhotoshopに「タイムライン」という機能があることに気がつきましたよ。もしやと思って、色々調べてみると、

ありました!

Photoshopには動画編集機能、に加えてさらにスマートオブジェクトや、パノラマ球を回転、変形しながらその間の動きを保管するスムージング的な中割り機能があることがわかりました。
例えば、球を上、左、右と3段階向けてあげると、その間をなだらかに繫いで回転させてくれるのです。

アフターエフェクトとはいきませんが、今の僕には十分すぎる機能です
切り貼りの編集部分にチュートリアルにはこちらを参考にさせていただきました。

【Photoshop】フォトショで動画編集!


◆差分は5種類完成してます

実は裸を描いてから、服を上から描いたので、今回のが差分なので。
あとは動画として編集するだけなのですが、今日は1日がかりでしたが
次のはもう少し早くできると思いたいところです。

近日中に同様の球パノラマ回転動画でアップできる予定です。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今回はこんなところで
それではまた~