sadojam 小説
終幕
茜二階自分の部屋 リビング 茜ママ[…ねぇ、パパ…茜ちゃんどうしたのかしら?] 茜パパ[…分からん!分からんがたとえ1日でも勉強するのは凄い事だ] 茜ママ[奇跡…だわ] 茜パパ[大げさだろw…茜が聞いたら怒り出すぞw] 茜パパ[ちょっと電話してくる…] 茜パパ電話 [あ、トオルさん?ご無沙汰してます…いや、その…茜のヤツがですね…]
ギフト
0