リノン書房
第28話 互いの存在と恋愛感情
 立花と司は、遥香のあの一言が引っかかっていた…… 『あんたたち、いつになったら付き合うの?』  よく考えると、至極当然の疑問のこの問いに、二人は答えが出せずにいた……  確かに、おなかの痛みが理性を刺激し、エッチな気分になってしまった立花は、司の上に覆いかぶさったりもしていた。  そして、立花のパジャマ姿に対して、司は興味がないと言えばうそになる。 『立花さんのこと……好き?』  そんなことを考えながら、立花を見ていた司。それと同じように、目で追いかけ始める立花。そんなやり取りを見た周囲からは、いよいよかという雰囲気が上がっていた…… 「ねぇねぇ。立花?」 「ん? なに? 遥香……」 「司くんから見つめられてるらしいけど……いよいよ?」 「はっ?! い、いや……ま、まぁ……」 「えっ? なに、その反応……」  司からの視線には気が付いていた立花だったが、どんな顔をしていいのかわからなかった…… 「でも……」 「その顔を司くんに見せたいわ。ふふっ。」 「えっ?!」  この時に遥香が見ていたのは、司のことを考え口角が上がり瞳孔が開き、うっとりと頬を染める立花の姿だった。 『立花。それが“恋”だって……』 『まったく、世話が焼けるわ……』  そんな遥香は、司のことも少しだけ気になっていた……  というのも、司本人も悩んでいる様子だった。 『あんたが、ハッキリしないから!!』  とは思っていたものの、ここで遥香が直接やってしまっては、かえって立花が意識してしまう…… 「あっ。そうだ……」  その頃の司はというと、学校に来ていた母親の弥生にいじられていた…… 「ちょっと、いつ立花ちゃんを連れてくるのよ……」 「つ、連れてくる?」 「えっ? 付き合ってるんでしょ?」 「ぶっ!! ど、どうして……」  司の母、弥生は学園の保育のヘルプ要員として呼ばれていたこともあり、息子の司に準備を手伝わせていた。 「い、いや。立花さんは、立花さんだし……」 「はぁ? あんた、まだそんなこと言ってんの? はぁ~」 「なんだよ、そのため息は……」  弥生は司からの話を聞き、親として息子の背中をチョンと押し、サポートするつもりだった。だったのだが…… 『うちの子が、こんなに優柔不断だったとは……はぁ……』 『まったく……誰に。あっ、そういえば。もう一人いたなぁ~。優柔不断な奴……』  弥生はあきれつつも、旦那。まことのことを思い出していた。まことは、いざ告白となっても、ちっとも告白してこようとはしなかった。それに…… 『あいつも……ハッキリ言わなかったなぁ……』 『あぁっ! 思い出したら、イラついてきた……』  本来なら、司にけじめをつけさせるためだったが、まことのことを思い出してしまったことで、我を忘れかけていた…… 『おっと、今は……』  弥生が司の様子を見ていると、いまだもじもじとした表情をしていた。こういう場合の方法としては、ある程度放置して助け舟を出すか、思い切った荒療治をするかの二通りになる。  弥生が選んだのは、前者の方だった…… 「はぁ。司、ちょっといい?」 「な、なんだよ。母さん……」 「立花さんのこと、どう思ってるの?」 「ど、どうって……かわいいと思ってるけど……」 「それだけ?」 「それだけって、それ以外なにが……」  自分の息子でありながらこの鈍さというのは、家系というかさすが親子という形に、弥生はあきれていた…… 『あぁ、もうなんだろうなぁ。この感じは……。血は争えないかぁ……』 『仕方ない!』  弥生は、今までに思っていたことをすべて司に伝えることにした。それは、“賭け”に近かったが、返答を聞いている分には成功する確率の方が高いように感じた。そして…… 「今度、家に連れてきな!」 「連れてくるって、誰を……まさか!」 「そのまさかよ! 立花ちゃんを連れてきな。そして、気持ちを打ち明けるのよ!」 「えぇぇぇぇっ!!!!」  結果的に、荒療治になってしまった弥生の想いは、無事に司に踏ん切りをつけさせるのには良い方に働いた。  その効果は、早くも現れたようで、教室でのこと…… 「立花さん……これ……」 「えっ?」  口頭で言うのが恥ずかしかった司は、女の子同士がよくやる手紙のやり取りで、想いを伝えていた…… 『な、なんだろう……司くんは、こういうのやらないと思って……』 「なぁっ?!」  授業中にもかかわらず、司から渡された手紙に、驚いて声をあげてしまった立花。当然、周囲の生徒が驚き、一斉に立花の方を注目する。  それは、遥香とて同じでいくら驚いたとしても、そこまで突飛な声を出さない立花が出したものだから、必然的に“司”のことだと悟ったのだった…… 『い、家に来て。ってどういうことよ!!』  思いのたけをなぶり書きした立花は、司に返す。すると、すぐにその返事が返ってきた。ただ、誤算だったのが、渡し方だった……  ただ渡せば良いものの、司は何を思ったのか気づかせるために、立花の背筋をなでたのだった。  ただでさえ、敏感な体質の立花の背筋をなでようものなら、当然の反応をする…… 「んんぁっ!!!!」 「はっ!!」  慌てて口を押えた立花だったが、時すでに遅し。艶っぽい立花の声は、授業中のシーンとした教室内に響き渡ったのだった。そして、先生が一言…… 「そこの二人。いちゃつくのは勝手ですが、できれば休み時間にね」 「ははは!!!!」  先生のその一言で、場が一気に和んだのだった……  そして、授業の終了後…… スパーン!! 「つ、司くん!!」 「い、いや、ごめんって。そういうつもりじゃなくて……」  どこからか取り出したスリッパで、司の頭をフルスイングしていた立花だった。必死に謝る姿は、見方を変えれば、夫婦にしか見えなかった…… 「なに、痴話げんか?」 「ち、ちわ……」 「いや、実は……」  興味津々の表情を隠しながらも、寄ってきた遥香に事情を説明した司。説明を受けた遥香は、少し考えた後…… 「行けばいいじゃん。立花。」 「はぁ? な、なんで……」 「なんでって、勉強会?」 「なんでそこ、疑問符なのよ……もう。」  立花に説明した後、遥香は立花の横に移動すると、口添えをしていた。 『立花だって、司くんとこのままでいいの?』 『そ、それは……』 『でしょ? それに、あたしも一緒に行ってあげるから……』 『遥香……』 『(ウソだけど……)』 『ん? 何か言った?』 『いや、何でもないよ。』  ごにょごにょと、二人が話している姿を不安そうに眺めている司に、遥香はうれしい報告をする。 「司くん。その答え。おっけーだから。」 「そ、そう。よかった……」  半ば荒療治な形になった立花が司の家に来る状況。これで、二人の間柄が進展するのか……
gift-icon
2