異世界に行ったけどすぐ帰ってきた
異世界小説の最先端
俺は男子高校生をやっているものだ。名前はタクヤ。 ある日女の子の後をつけていたら、突如異世界への扉が開いた。 俺は勇気を出してそこへ飛び込む!君は・・・ついてこれるだろうか、俺の勇気に。
gift-icon
4