まきのさん
三話
小さい頃にね… あたし、火竜に襲われてるんです。 火竜もお腹一杯だったのか… あたしを食べずに、遊び道具みたいにして… 怖かった。 爪が刺さったりで… もう、血だらけでした。 ズォォンン…… あたしの前にいた火竜がいきなり… あたしの後ろにふっ飛んだんです! 訳がわからないままで… お? ちびっ子か! よく生きてたな~ お前血だらけだぞ? 泣いてるあたしを通り越して… まだ威嚇する火竜を、その人はズタズタにしました。 小さい子をいじめる奴は… お仕置きだろ? 深い… 森の奥でしか見れないような… 綺麗な緑の刀でした。 俺みたいな男前に助けられて… お前ちびっ子なのに運がいいな! あたしは、あの人の背中におんぶされて… へへ… しがみついてました…
3