まきのさん
五話
あの人にはもう、心に決めてる人がいました。 その人のために… 狩人をしてる… そんな感じがしました… その女の人は狩りで、首から下がもう動かないほどの怪我をして… それは俺の責任だって。 あたしは悔しかった。 そんな話… 聞きたくなかった… 正直な気持ちです… みんなの知らない所でさ… 胸にたくさんの涙を落とし… 一つ何かが消える… やっと掴んだはずのものがこぼれていくの。 こんな夜を… このコは何回… 過ごしたんでしょうね…
3