まきのさん
七話
でもね… 私には、ものすごい数の思い出が出来ました… 今はそれだけで… 満足してます… へへ… そう言ってね… 酒を一杯呑んで、酒場を後にしたの。 どんな話も聞いてくれる、竜人族のお姉さんがいるって… 聞きました。 その人があなたかわからないけれど… ありがとうございました… それは… 私じゃないよ… いつものように、そう言いたかったんだけどね… あどけない笑顔を見るとさあ… やっぱ… 言えないよね…
3