まきのさん
九話
途中からだけどな、見たよ。 化け物の頭を… 男が斬り… 若い女の子が足を狙う… 狩りの現場を見るのは初めてじゃねえからな。 俺もよ。 いつもの基本的なのは通用しねえよ。 化け物には。 男が噛まれ… それでも斬る。 何か無理してる… そんな戦いだったな。 仲間は二人やられ… 無茶な事してるその男に向かってよ、女の子は叫んでたな。 引いて! 死ぬよ! ば~~か… ちびっ子は黙ってろ~ え? あたしを覚えてた? 違う違う… 今でもちびだしね… あれから… 生きてたんだな~ 助けたかいがあるぜ~ あたしはその一言で… 自分なんかね… どうなってもいいと思ったんだ。 覚えてくれてた… それだけで生きて来た意味があるよ…
3