まきのさん
十話
化け物がさ… あの人を噛み… ひきちぎるような… その時ね… あたしはさ… 頭狙ったんだ… あの人をやっと逃がして… ほっとなった時… まだまだだね、狩人としてはさあ… 女の子がよ… 火竜の爪に串刺しだよ… なんであそこでよ、男なんかかばうんだ? 死なせない… そんな突っ込み方してよぉ。 ずっと… 好きだったよ… 明日になれば… 私…忘れるから… さようなら… うっ…うっ ゴボ…ゴボゴブ… 思い出がね… あなたが… は…ゴボ… 離れないよ… ゴボボボ… あの子は… 最期に思いを遂げた。 少しだけ、彼女になった気分でね…
3