まきのさん
終話
よかったとはさ、言えない話だけど… 私は、命を懸けて愛する人を守るのって… 黙ってても… 分かると思うよ… 壁に飾られても… あんな明るい奴は… やっぱり死んでも笑ってんな~ ちびっ子… お前らしいなあ… 明日になればお前を忘れる。 必ず… 忘れるからな… それからも… 花が飾られない事はなかったらしいよ。 そういう愛もさ… ありなんじゃない? ね…
3