まきのさん
二話
奴らはのう、本当は平和がすきでな。 家族、そして部族をこよなく愛し… 武器など持つ事はなかったんじゃ。 500人ほどの小さな部族じゃがな。 誰に迷惑かけるでもなく、平和に暮らしておったよ… たった三人じゃ… 生き残ったのはの。 紅龍の遊びに、ほとんどが惨殺された。 優しい部族ゆえに… 怒りも尋常ではなく… 三人は初めて武器を持ち… 必ず紅龍を殺すと誓った。 邪龍の撒き散らす悲劇は何も人間ばかりではない。 この世に生きておる… 全ての者に… 降り懸かるんじゃよ…
3