まきのさん
三話
いきなり武器を持って… 上手くいくほど、狩りは甘くない。 体が小さいのもあるが… やはり、猪もろくに狩れず… さらに間の悪い事に、耳の大きい怪鳥に出くわし… 全く歯も立たずに殺されかけた… そんな時じゃ… !! 一発じゃった… 奇妙な模様の剣を担ぎ… 顔は傷だらけ… その男は、一人で狩りをしてるようじゃった。 おぬし… こやつの話を聞いた事あるんじゃないかの? ふぉ…ふぉ…
3