まきのさん
五話
一緒に行動するにつれ… 三人も狩りのコツを覚え、立ち回りなどもわかり… 三年が経つ頃には、中々の腕をしておったよ。 相変わらず… 狩人は何も言わないが… 竜を倒すと少しニコッとして… それが褒められたように思えてな。 みな喜んでおった。 その後… 狩人はふっと… いなくなったんじゃ。 三人は心配した。 そこらを探してもいないので… この場所から離れず、帰りを待つ事にしたんじゃよ…
3